譜面あり!フリードラムレッスン

8th Notes Feel

演奏頻度「高」

俗に言う8ビート。ロックやポップスに限らず、広いジャンルでド定番のリズムパターンです。

ほとんどの方が耳にしたことがあるほどメジャーなリズムパターンで新旧様々な楽曲で使われています。8分音符のリズムを基調としたものを8ビートと私たちは言っていますが、ビートは日本語で「拍」という意味なので実際のリズムパターンとは異なる意味になってしまっていますが、細かいことは気にせず楽しんで叩きましょう!
 
8ビート画像8ビート画像

16th Note Feel

いろんなスタイルがあります。

俗に言う16ビート。ダンスミュージック、ファンキーなグルーヴによく使われるリズムパターンです。

正確なシングルストローク、スティッキングができるようになればこのリズムにチャレンジしてみましょう。細かいリズムで軽快に叩くように意識しましょう。ドラマーのテクニックがモノをいうパターンでもあるのでカッコいいリズムパターンも多いのが特徴です。
 
16ビート画像16ビート画像

2Beat

ゆったりいくのか、激しくいくのか

2拍子の間隔で奏でるリズム。高速になればメタルやパンクの定番になります。

邦楽だとロックやメロコアなど、激しい音楽で耳にすることが多いと思います。短い周期でアクセントが来るのでテンポを上げるととてもスピード感のあるリズムパターンになります。
 
2Beat画像2Beat画像

Shuffle

邦楽では多数派ではないですが、必ずできた方がいいリズム

歌ものやブルースなど、3連符の真ん中を省いた跳ねるようなリズムが特徴。

本格的なノリを出すためには正確にリズムを叩く練習とアップダウン奏法が不可欠になってきます。3連符で跳ねつつも独特なゆったりとしたノリが歌ものやブルースにもよく合います。
 
シャッフル画像シャッフル画像

Swing

ジャズの基本パターン

シャッフルとまた異なるリズム。奥が深いです。

ジャズといえばシンバルレガート。シンバルの音が途切れないイメージで4分音符を正確に狙いつつ、2拍4拍でハイハットを踏み、ウラにアクセントを置いたような粘るようなリズム感で演奏することが大事です。
 
Swing画像Swing画像

Latin

地域によってパターンが変わる

正確には「ラテン風」リズムパターン。コンガやカウベルなどラテンパーカッションのアンサンブルをドラマーが強引にそれっぽく表現したものです。

画像は「アフロ・キューバン」と呼ばれるジャンルをドラマーが叩いてみたらこうなったっていうパターンです。ジャズで演奏されることも多く、複雑なパターンですが意外と使用頻度は高い?
 
ラテン画像ラテン画像